大人気電子コミック漫画「新宿スワン(和久井健)」の第18話のあらすじを紹介します。白鳥龍彦の様子に胸騒ぎを感じた山城神は病院にかけつけます。そこには既に真虎の姿はなかったものの、意識不明の2人が発見されたと警察から連絡がきます。意識が戻らない真虎を助けようと再び入れ替わることを決意した白鳥龍彦は、雷雨に打たれながら祈り奇跡を起こしました。真虎は意識を取り戻し、真実を知り感動して号泣します。すると夢の世界で正装した2人は新宿スワン(和久井健)にいたのです。そこに他界したはずの父親が現れ、2人に酒を飲むように渡して2人を本来の姿に戻したのです。白鳥龍彦の決意を知った、山城神はあまりの悲しみのショックを隠せません。とこころが元に戻った白鳥龍彦は事故が起きた当時の記憶をなくしてしまいました。記憶の片隅に真虎の名前をつぶやきながらも、その記憶が全く欠けているのです。白鳥龍彦は愛する真虎をまた思い出すことができるのでしょうか。